屋根塗装

今ある屋根を、塗装の力で守ります!
~雨漏り予防や遮熱性アップも~


屋根塗装は、葺き替えやカバー工法などの屋根工事に比べて、比較的リーズナブルに実行できる雨漏り対策の代表的なメンテナンス方法と言えます。

旧塗膜や砂埃・コケ・藻などの汚れを高圧洗浄で一気に洗い落とし、住環境や屋根材に合った塗料でコーティングし直せば、効果が持続するのは約10年。
そして、外壁塗装を行う最適なタイミングも約10年です。

別時期に施工して2回分の足場代を払うよりは、同時期に工事をご依頼いただくことで、良好なコストパフォーマンスが叶います。
外壁塗装の目的と必要性≫

化学が進んだ現代では、遮熱塗料や断熱塗料など、優れた機能を持った塗料が各メーカーから多数登場しており、その数は今や数千種類にも上るほど。
海側・山側・都心部といった住環境や、雨量・湿気・気温・降雪量などの気候、屋根材の種類や既設の状態など、あらゆる条件を加味し、ご予算内で最善策を提案します。

スレート屋根の塗り替え時には、タスペーサーを!


タスペーサーとは、主にスレート屋根(別名:カラーベスト/コロニアル)を塗装する際に設置する、小さな器具のこと。
何枚も屋根材が重なり合っている屋根を、塗料で埋めてしまうと、逃げ場を失った湿気や水滴は、防水シートに直接負荷を与えてしまい、雨漏りの原因になります。

ここで活躍するのがタスペーサーです。
屋根の重なり合う箇所に差し込むことで、密封状態を回避し、屋根に降り注いだ雨水をスムーズに雨樋へと捌けさせます。

設置するタイミングは基本的に、下塗りをした後。
一般住宅の場合、タスペーサーは家一軒当たり、約500個から1,000個程度を設置します。
1枚の屋根材に15センチ間隔で2個ずつ設置し、屋根に必要な隙間を確保します。

「せっかく屋根を塗り替えてキレイになったのに、雨漏りが起こってしまった」といった事態にならないように。
屋根塗装時には見積り内にタスペーサーが含まれているか、確認しておくと良いでしょう。



外壁塗装・屋根塗装は津市のアカツ塗装
【直通TEL】 090-5613-2232 (受付時間 8:00~20:00)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 津市を中心に亀山市・鈴鹿市・四日市市・桑名市・松阪市・伊勢市・伊賀市・名張市など
詳しくはお問い合わせください。
一般外壁塗装» 防水工事» 内装塗装» ハイツ・アパート等の集合住宅» 店舗・工場・倉庫等»

一覧に戻る

▲TOPへ